MUGEN家具 MUGENステージシェルフ。必要に応じたサイズや形づくりができ着脱できるステージ棚が特徴。

「MUGENコネクター」だからできた「MUGENステージ棚」、棚の奥行きを拡張。2016.12.08

皆様こんにちは、MUGEN家具のカンキです。寒くなりましたが風邪などひかないよう気を付けてください。

 

本日はステージ棚などを連結する「MUGENコネクター」についてご説明させていただきます。

 

スリムなのに大容量、立体的に見せる展示、自在に拡張、多様に変化し状況に合わせた対応ができるシェルフ「MUGENステージシェルフ」を可能にしたのが「MUGENコネクター」。

 

シェルフは、収納と同時にお部屋のインテリアを左右するアイテムです。

ポイントは:

 

(収納ポイント)

1.無駄なく収納できること。

2.分かりやすく仕分けできること。

3.収納されたものがよく見えること。

 

(インテリアとしてのポイント)

4.かさばらず、圧迫感なく部屋に馴染むこと。

5.置かれたものがインテリアを彩るアイテムとなること。

6.空間を彩り展示品を際立たせること。

 

このことから導き出される答えは、シェルフ本体の奥行きを最小限におさえ、必要に応じて奥行を増やせるオープンスペースな棚でした。

 

 

ここで登場となったのが、密着度抜群、強度抜群、着脱自在の「MUGENコネクター」です。

 

 

 

もともと「MUGENコネクター」は、テーブルの連結部品として開発されたものですので15cm前後の棚板であれば何の支えも必要としません。また横の連結も強固にできるので棚の拡張には最適でした。

 

着脱が自在にできるので、拡張のみならず形や用途を変えられるオプションパーツを追加し、いろんな場面で対応できる「MUGENステージシェルフ」が実現しました。

 

 

MUGENコネクター 板と板を水平連結 着脱自在 ワンタッチ連結

連結された状態。

 

MUGENコネクターの分解画像

連結が解除された状態。

 

密着度抜群、強度抜群、着脱自在の「MUGENコネクター」。自然素材の風合いと手触り。劣化しないナイロン系複合材ゆえ屋内、屋外どちらでも使えます。

 

中央のコネクターが両側のコネクターベースの溝にスライドして入り込みロックされる構造です。コネクターベースの厚みは13㎜と薄いため外した状態でも目立ちません。材質はナイロン系の複合材で劣化しませんので屋内・屋外でも使えます。角張ったところもなく安全です。ロックされるとピクリとも動きませんが、ロック(フック部分)を解除すると簡単に外れます。

 

 

 

コネクターベースのついた棚板

コネクターベースの厚みは13mmです。目立ちません。

 

 

1連ステージ棚とコネクターベース付棚板の連結の仕組み

1連ステージ棚の連結。押し込むだけです。

 

 

2連ステージ棚とコネクターベース付棚板の連結の仕組み

2連ステージ棚の連結。

 

 

 

3連ステージ棚

3連ステージ棚とコネクターベース付棚板の連結の仕組み

 

 

3連ステージ棚の連結。両側2枚の棚に連結。中央は普通の棚を入れてもいいし抜くこともできます。またコネクターベース付の棚を反対向きにつけると反対側にもステージ棚をつけることができます。

 

 

 

コーナー棚の連結。

2連ステージ棚とコーナー棚の連結の仕組み

2連ステージ棚を普通の棚とコーナー棚に連結。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由にアレンジができます。

 

よろしくお願いいたします。

 

詳しくは、こちらをご覧ください:

http://store.shopping.yahoo.co.jp/mugen-cf/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top