MUGEN家具 MUGENステージシェルフ。必要に応じたサイズや形づくりができ着脱できるステージ棚が特徴。

居住スペースを共有するシェアリングに最適な「MUGENシェルフ」2017.01.08

こんにちは、MUGEN家具の店長、カンキです。

 

本日は、シェアリングについて考えてみました。

 

限られた居住スペースの中で最大限のスペースの有効利用とささやかな自分の居場所空間(プライバシー)の確保。

 

 

シェアリングと言えば頭に浮かぶのはルームシェアリングのことで通常2人の他人どうしが一つ部屋を分け合って暮らすことですが、当然居住スペースに余裕がありませんので最大限スペースを有効利用しなければなりません。そこで提案したいのが「パーティション型に組み立てられたシェルフとそれに連結された二つのテーブル」です。これによりそれぞれが自分のテーブル(デスク)を持ちパーティションで自分の空間を確保する方法です。

 

 

 

左右のテーブルは「MUGENコネクター」で取り付けられているので着脱自在です。

右のテーブルはパネル脚タイプで高さは67.7cmで一定しています。

左のテーブルはポール脚タイプで高さは3段階調整(24.5cm、46.1cm、67.7cm)可能です。

シェルフを中央に置きテーブルを両側につけてシェアリング

 

 

テーブルを連結したり、ステージ棚を連結したりするときに必要なコネクターベース付棚です。

これを設置しておけばいつでも連結できるので便利です。使わない時でもあまり目立ちません。

コネクターベースのついた棚板

 

 

コネクターをコネクターベースに差し込み、それにテーブルやステージ棚のコネクターベースを差し込みます。

コネクターをコネクターベースに挿入

 

 

 

シェルフに「ステージ棚」を付けると棚が前面に拡張されます。

付けたいところに「コネクターベース付の棚」を設置してください。

パーティションとデスク、間仕切り、シェルフ、本棚、飾り棚、収納棚、パソコンデスク、プライバシー、インテリア

 

 

 

テーブル連結部分の拡大画像です。 両面にコネクターベースがついた棚にテーブルが取り付けられています。

両側にテーブルを連結したシェルフの拡大画像

 

 

MUGENコネクターベースが両側についた棚です。これだと両側に連結できます。

上のシェルフのテーブル連結部にはこの棚がついています。

両側にコネクターベースのついた棚板

 

 

 

 

スペースに制約があると、シェルフを2連にすることもできます。

又テーブルを壁側でなく場合によっては部屋側につけることもできます。

陳列台として壁際においても使えます

 

 

ルームシェアリングは一家の家庭の中でもできます。2人のお子様が隣り合わせで勉強するのも良いかもしれません。用途別にテーブルを使い分けることも1案ではないでしょうか。状況に合わせた組み立てが可能です。

 

 

余談ですが

遊び心のあるパソコンデスクも「MUGENステージシェルフ」なら可能です。

 

パソコンデスク

 

 

 

工夫次第で展開は自由に広がります。

 

「MUGENステージシェルフ」をよろしくお願いいたします。

 

ご購入はこちら:

http://store.shopping.yahoo.co.jp/mugen-cf/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top