MUGEN家具 MUGENステージシェルフ。必要に応じたサイズや形づくりができ着脱できるステージ棚が特徴。

躍動感のある立体的・空間的展示2017.01.28

皆様こんにちは、MUGEN家具の店長の神吉資之(カンキモトユキ)です。

 

2,3日寒い日が続きましたが、今日は寒さがちょっとゆるみ、窓辺のひだまりにいると心地よいです。

 

本日は、「躍動感のある立体的・空間的展示」と題して「MUGENステージシェルフ」で何ができるかを画像を交えてご紹介させていただきます。

 

MUGENステージシェルフ」は極力本体をスリム化し必要に応じて棚を拡張できる機能を持つ、省スペースをコンセプトにした棚です。そのスレンダーな本体に「ステージ棚」をつけ、前(後)横に拡張する構造になっております。「ステージ棚」は、1連、2連、3連とあり、着脱自在で自由に取付けが可能です。

 

スリムな本体をステージ棚で拡張、威圧感なくお部屋に馴染みます。

 

 

以下ここで紹介されている画像はすべて「MUGENステージシェルフ(3連)Bセット」です。同じセットにおいても自由なレイアウトができることをお見せするためあえて一つのセットにしました。(14.5cmのスリムな本体に13cmのステージ棚(1連ステージ棚、2連ステージ棚、3連ステージ棚)がそれぞれ1枚づつ付いています。)

 

 

まずは展示しない状態の写真です。

向かって右端の棚を2段抜いて大きなスペースを確保し、上に「突っかい棒」を取付けました。

(但し:「突っかい棒」はセットには含まれていません。)

ステージ3連B セットの原型です

 

 

立体的・空間的展示のポイントは、「ステージ棚」にあります。ステージのように開放的なオープンスペースが前面に広がり、本体の格子調の棚とこの開放的なステージ棚の融合で展示に奥行きと幅がうまれます。

 

収納品と展示品が一つの棚で調和し際立ちます。趣味やコレクションを置くのも良し、鉢や生け花を置いても映えます。それが自分の設計で出来るのでより自分好みになります。また組み直しもできますので気分や状況に応じ模様替えもできます。

 

 

大きなスペースには大きな観葉植物を飾ると躍動感がでます。

大きな空間を設けた棚には突っ張り棒を付空間的・立体的展示を演出

 

 

前にせり出したステージ棚で立体展示

 

 

ステージ棚を「違い棚」のように配置すると立体感が生まれます。

 

 

ちょっと置くものを替えてみました。

突っ張り棒をハンガーとして活用

 

 

小物入れ、チェスト、バスケットなどを上手にご活用してください。

 

 

棚のレイアウトをちょっと替えました。

棚のレイアウトを変更

 

 

 

統一感を出すため中央トップに1連ステージ棚を付け、周りを同じ形の格子棚にしました。

左下に掃除機を収めるスペースを確保しました。

左右の棚をそろえると統一感が出ます

 

 

上段中央のステージ棚がポイントになり展示が生きます

 

 

みなさまのコメント、提案いただければ幸いです。

 

 

よろしくお願いします。

 

ご購入はこちら:

http://store.shopping.yahoo.co.jp/mugen-cf/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top