MUGEN家具 MUGENステージシェルフ。必要に応じたサイズや形づくりができ着脱できるステージ棚が特徴。

すき間・デッドスペースを活用する収納2017.03.08

みなさま、こんにちは、MUGEN家具の神吉資之(カンキモトユキ)です。

 

いろいろな事情でお部屋にできた、あるいは生まれた「すき間」「デッドスペース」は、そのままでは無駄な空間となってしまいます。本日は、それを貴重な収納スペースとして活用する提案を「MUGENステージシェルフ」でしたいと思います。

 

お部屋にある「すき間」や「デッドスペース」は貴重な収納スペースとなります。

 

デッドスペースが生まれる所としては、廊下の隅、階段の隅、台所などがあげられますが、実はあらゆる生活の場で生まれます。

 

MUGENステージシェルフ」をご提案させていただく理由は、最小1連シェルフから組み立てができ、無限大に拡張し、幅・形・用途も多様に変えることのできる多目的ラックだからです。

 

画像と共にご紹介させていただきます。

 

 

階段脇のデッドスペースに「2連スタンダードセット」を設置。

階段脇にあるデッドスペースに収まります。貴重な収納スペース。

本体の奥行きは14.5cmです。邪魔にならない部分に13cm幅のステージ棚を付ければ27.5cmになり大きなものも置けます。

 

 

 

トイレの片隅に「1連スタンダードセット」を設置。

1連シェルフの場合、シェルフの幅は40.6cmです。本体の奥行き14.5cm、ステージ棚(13cm幅)が邪魔になる時は外すこともできます。また脚を外すこともできます。脚を外すと倒れやすくなりますので、付属の「L字金具」で壁に固定してください。

 

 

 

キッチンのすき間に「1連スタンダードセット」を設置。

キッチンの脇にできたすき間に1連シェルフを設置。

脚を外しています。付属の「L字金具」でシェルフを壁に固定しています。

 

 

 

掃除機を入れるために下段の棚を1段抜きました。「3連スタンダードセットB」です。

棚の中に掃除機を収納。

 

 

 

上のシェルフを斜め横から撮った画像です。本体がスリムなので威圧感なく部屋に馴染みます。なんといっても省スペースで部屋を大きく使えます。

スリムな本体で省スペース。

 

 

 

 

テーブル部品を連結して収納棚付カウンターテーブルとして使えます。

 

1連スタンダードセット」にパネル脚テーブルを取付けカウンターテーブルとして使うと、下の空間にも収納スペースが生まれます。

テーブルを取付け収納棚付カウンターテーブル。

 

 

 

コーナー棚を連結し、お部屋の隅のスペースを活用したシェルフ。

 

部屋の隅のコーナーを利用すると思わぬ大きなスペースが生まれます。「1連シェルフ」を2つ並べ「コーナー棚」で連結する方法です。

コーナー棚を取付け部屋の隅に収納ラック。

 

 

このようにご自分のお部屋事情に合った形で組み立てができますので無駄のない収納ができ大切なお部屋のスペースの節約になります。

 

よろしくお願いいたします。

 

ご購入はこちらから:

http://store.shopping.yahoo.co.jp/mugen-cf/

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top