MUGEN家具 MUGENステージシェルフ。必要に応じたサイズや形づくりができ着脱できるステージ棚が特徴。

パントリー室 ユーティリティー室 ウォークインクローゼット室 に最適なシェルフ パントリー室の構築も可能2017.10.09

 

みなさん、こんにちは。MUGEN家具の店長のカンキです。

 

パントリーやクローゼットの棚は、据え付けが普通ですが、据え付けてしまうと変更ができないため後々困ることもあります。既製品で自由にサイズが調整できる棚があれば、それに越したことはありません。費用も節約できます。

 

そのような場合、弊社の「MUGENステージシェルフ」がお役に立てると思います。このシェルフは、スリムな本体(奥行き14.5cm)を基準に広げたいところを広げられる機能を持っておりテーブルの連結も自在にできます。ですので場所を取らずアイテムや収納に合わせて棚を調整したり、邪魔にならないように棚をアレンジしたりもできます。

 

 

棚を自由に連結、拡張

 

 

一方収納構造は、格子調の本体の棚と、前に広がる拡張棚との組み合わせになっているので、格子棚で仕分けて整理整頓され、前に広がる枠のない広い棚(ステージ棚)でゆとりのある取り出しやすい収納が実現します。

 

 

棚を拡張する「ステージ棚」:

 

着脱自在のワンタッチ連結の「MUGENコネクター」(弊社開発)で棚板を連結して広げます。拡張棚(13cm)が連結されると棚の幅は27.5cmになります。前後につけると40.5cmにもなります。連結する拡張棚を「ステージ棚」と呼び、長さの違う3種類があります。「1連ステージ棚」=33.8cm、「2連ステージ棚」=69.4cm、「3連ステージ棚」=105cm。

 

ステージ棚の連結を動画でご覧ください。

 

 

一方、本体シェルフの棚板の長さは33.8cm(1連ステージ棚と同じ)で、両側の柱に取付け組み上げる構造です。それが最小単位の1連となり、1連ごとに延長できます。シェルフ本体の高さは133.6cm で統一され、1連につき6段の棚板を21.6cm間隔で取付けることができます。棚板をどこにつけるかは自由ですが、1連につき最低2枚取付け固定することで安定します。

 

棚板にはシェルフを直角に曲げる「コーナー棚板」33.8cmx33.8cmがあります。これによりシェルフの形を変えることができます。

 

オプション部品としてワンタッチ連結の「テーブル部品」も用意しています。

 

 

 

それでは画像でご確認ください。

 

「コネクターベース」の付いている棚板に「コネクター」を挿入。

棚板を連結して拡張

 

1連ステージ棚」を挿入しロックを押し込み連結完了。詳しくはこちらをごらんください。

棚板の前面に連結して奥行を広げます。

 

1枚板のようになります。耐荷重10kgs.

広がった棚板は1枚板のようになり頑強です。

 

 

2連ステージ棚」を挿入、連結。詳しくはこちらをご覧ください。

2連の長さで拡張します。奥行と同時に横の棚板とも連結されます。

 

「2連ステージ棚」の連結後の状態。

連結された棚板はステージのように広がります。

 

 

3連ステージ棚」を挿入、連結。詳しくはこちらをご覧ください。

横3連の棚板を連結します。

 

「3連ステージ棚」連結後の状態。

広々とした棚板になりました。

 

 

1連ステージ棚、2連ステージ棚、3連ステージ棚をそれぞれ1枚づつ使い、組み上げた3連のシェルフ。(突っ張り棒は含まれておりません。)

3連のステージシェルフ。アイテム、収納に応じて、必要な所の奥行を増やせます。

 

「コーナー棚」を使い部屋の隅に沿って組み上げたシェルフ。

 

 

 

中央に置いて両側から使うこともできます。

 

この場合、一番下の棚には両側にステージ棚を連結しています。奥行幅40.5cmになります。「コネクターベース2個付き棚板」が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。脚も「両側脚」を使っています。詳しくはこちらをご覧ください。

棚に前後がないので、部屋の中央に置いて両ぐぁから出し入れできます。

 

 

テーブルを連結して、棚から伸びるカウンター棚・テーブルとしても使えます。

 

パネル脚付テーブル」右側は、3段目の棚板に連結。(H67.7cm) 詳しくはこちらをご覧ください。左側の「ポール脚付テーブル」は、3段階で高さが調整できます。写真は2段目に連結されています。(H46.1cm) 詳しくはこちらをご覧ください。

 

テーブルを連結シェルフから伸びるカウンターテーブルとなります。

 

 

いろいろな使われ方が可能です。

 

 

 

パントリー室の構築さえ可能:

 

パントリー室のないお宅では、部屋の隅にパントリーを構築することも可能です。「コーナー棚」を使えば形も思い通りになります。シェルフは1連ごとに大きくしたり、小さくしたりできます。「ステージ棚」は、どちら側にでも取り付けられますので、使いやすいように組み上げられます。シェルフ本体がスリムなのと視界が格子調で抜けるので、部屋の中でこのようなコーナーを創っても圧迫感なく馴染みます。

 

使いやすい形のパントリー室を自分で考え作れます。

 

 

このよう階段のデッドスペースにも有効です。ニッチに対応できる棚

 

 

 

 

大きなものを収納する収納部屋は必要です。でも日常的に使う収納は目につきやすく取り出しやすい壁面収納がお勧めです。それも重なり合わない狭い奥行が理想です。それにより、分かりやすく整理整頓が行き届き、取り出しやすくなります。

 

 

 

MUGENステージシェルフ」をよろしくお願いいたします。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top