MUGEN家具 MUGENステージシェルフ。必要に応じたサイズや形づくりができ着脱できるステージ棚が特徴。

無限に拡張でき形を変えることができる自由設計のマルチシェルフ「MUGENステージシェルフ」の仕組み2016.10.22

自由設計のマルチシェルフ「MUGENステージシェルフ」の主要部品

 

MUGEN家具の店長のカンキです。本日は、無限に拡張でき形を変えることもできる「自由設計」の「MUGENステージシェルフ」の仕組みについて説明させていただきます。

 

 

主な部品は、柱、棚板、コネクターベース付棚板、ステージ棚、固定板、それに脚です。

 

すべての部品は丈夫な合板(T18mm)で出来ており表面は傷に強いメラミン仕上げです。どの部品も骨組みである構造材の働きをし、支えあっています。特に他に類を見ない「ステージ棚」は、前面にせり出し開放的で立体的な展示スペースを提供するだけでなくシェルフを水平に拡張・連結させる働きをします。ワンタッチ着脱です。

 

柱には、棚板、固定板、脚などの部品が取りつけられる穴があいています。

 

棚板を連結しシェルフを連結して行く柱。

すべての柱の穴の位置は同じなので、各部品はどの柱にも取り付けられる構造です。

 

 

 

一方すべての棚板には「ダボ」と「アンカーネジ(メネジ)」がついており、柱に固定できます。

 

棚板。柱に連結し収納棚となります。

すべての棚板の両側にダボ、中央にメネジがついています。

 

 

コネクターベース付棚板。ステージ棚を連結し奥行きのある収納と自由なディスプレイを可能にします。

コネクターベース付棚板。

棚板と同様にダボとメネジがついています。

 

しっかり固定、着脱可能なMUGENコネクターベース付

ダボとメネジ(中央)の拡大写真。

 

 

 

ただ横一列に棚板を並べる時は、すべての棚板の両側をネジ固定することはできません。ネジ止めできない棚板が出ます。その場合あらかじめ両側をネジ固定する棚を決めておきその棚を先に柱に固定します。そして固定できなかった棚板の上段か下段の棚板の両側をネジ固定してください。交互に固定することで補強し合います。

 

 

このシェルフの最大の特徴である「ステージ棚」ですが、1連、2連、3連とあります。「MUGENコネクター」でワンタッチで着脱できる構造になっています。取り付けたいところに「コネクターベース付棚板」を設置してください。1連はコネクター1個ですが、2連、3連には2個付いていますので「コネクターベース付棚板」が2枚必要となります。奥行を増やす役割だけでなくシェルフを横一列にしっかりと固定する役割をします。

 

 

着脱自在のMUGENコネクター

コネクターベースにコネクターを挿入。

 

 

奥行きのある収納、ディスプレイをしたいところにMUGENコネクターを設置

2連ステージ棚用にコネクターを2個挿入。

 

 

2連ステージ棚を挿入、大きく収納、きれいにディスプレイ

2連ステージ棚を挿入し連結。

 

 

2連ステージ棚を連結 奥行きのある収納、自由なディスプレイ

2連ステージ棚の完成。

 

 

3連ステージ棚の挿入 貫くステージ棚 奥行きのある収納 飾れる収納

3連ステージ棚を挿入。

 

 

3連ステージ棚 横に貫いたオープン展示が魅力

3連ステージ棚の完成。

 

 

 

柱を追加しそれに棚板を取り付けて行くことで拡張します。それぞれの部品が相互に働きあい強化調整されて組みあがる構造になっていることお分かりいただけましたでしょうか。

 

ここで、強度と安定性を確保するために守っていただきたいことを記します。

 

1.1連につき2枚以上の棚板の両側をネジで固定してください。

2.1連おきに「固定板」を柱の下部の所定の位置に取り付けてください。

3.脚を適当な間隔(柱4本につき1脚)で取りつけてください。(安定度を見て決めてください。)

4.床が安定していない所では転倒防止の「L金具」(セット品には付属しています)を取りつけてください。また床が安定していても、安全のためしっかりと「L金具」で固定されることをお勧めします。

 

 

組み立てにあたっては、あらかじめ配置を決め、床面で広げて確認しながら組み立ててから立ち上げて設置して頂くと失敗も防げ安全です。

 

 

 

間仕切り 衝立 おしゃれにディスプレイできます

柱を1本追加して4連した「間仕切り」です。

固定板を1連おきに2か所

に取り付け、脚も一本追加しました。

なお固定板、脚はどの柱にも

取り付けられます。

 

 

固定板 4本のネジでしっかり固定 

固定板。柱に4本のネジで縦向きに取り付けます。

 

 

シェルフの補強のかなめ 4本のネジでしっかり固定します。 左右の揺れを防止します。

3連のシェルフの中央に固定板が取り付け

られています。

 

 

 

片側脚 ガタガタを防ぐ高さ調整ネジ付き  

方側脚。壁際に取り付ける時に使用。

柱の内側からでも外側からでも取り付けられます。

ネジ2本で取付けます。

 

 

間仕切り、衝立の脚、などシェルフを壁際でないところに置く時に使います。

両側脚。壁面のない所でシェルフを設置する時に使用してください。

柱の内側からでも外側からでも取り付けられます。ネジ2本で取付けます。

 

 

 

これで自由にDIYしていただけるのですが、さらに用途が広がる「オプションパーツ」の紹介を簡単にさせていただきます。

 

 

 

用途が広がる「オプションパーツ」自由設計でDIY

 
1. コーナー棚:シェルフを直角に曲げたい時に使います。曲げ方も色々あり、いろいろな場面にあった対応ができます。

 

 

シェルフを直角に曲げたい時、コーナーを使ってディスプレイしたい時、シェルフの形を変えたいとき等に使います

コーナー棚。コネクターベースが2か所に

ついており「ステージ棚」の連結ができます。

 

 

壁際に沿って直角に曲げる時は、そのままネジ固定してください。

壁際を直角に曲げたい時。ネジをダボのみの固定。

 

 

 

壁がない所ではステージ棚を連結すると広くなり強度も増します。

壁などがない所で曲げる時はステージ棚を連結するとこの写真のように

広がりますし強度も増します。これは手前側片面に取り付けられています。

 

 

ステージ棚をコーナー棚につけることでコーナーがすっきりとし展示スぺスが広がります。

上段のコーナー棚は片面連結。

 

下段は両面に連結されています。

コーナー棚の両側にステージ棚をつけることもできます。

 

 

 

 

2.テーブル:パネル脚タイプポール脚タイプの2種類があります。

ポール脚タイプは3段階で高さを変えることができます。

 

 

シェルフにテーブルを連結するとデスクに早変わり 

パネル脚タイプのテーブルの組み合わせです。H67.7cm

 

 

シェルフとテーブルの組み合わせ、ポール脚で高さが3段階で調整できます。

下から3段目に取り付けられます。H67.7cm

 

 

シェルフの2段目の棚にテーブルを連結したデスク。

下から2段目に取り付けられています。 H46.1cm

3段階で高さ調整できます。あらかじめ

コネクターベース付棚を3か所に設置して

置けば、その場で変更できます。

 

 

 

3.両側コネクターベース付棚板: 間仕切りなどで両側にステージ棚をつけたい時に使います。

 

 

両面連結拡張棚、奥行きと幅のある収納・展示が可能

両側(前後)に「ステージ棚」を取り付けています。

 

 

 両面収納が可能な、間仕切り、衝立、両面シェルフと延長テーブル。

両側にテーブルを取り付けたり、ステージ棚を取り付けたりできます。

2人でテーブルをシェアしたり、シェルフから延びるカウンターとして使えます。

 

 

 

4.両側脚:シェルフを壁際で設置しない所で使用ください。安定度を見て決めてください。

 

 

スリムからできるシェルフで囲う空間作り 書斎 仕事場

 

よろしくお願いいたします。

 

ご購入はこちらから:

http://store.shopping.yahoo.co.jp/mugen-cf/
          


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top